商品写真:天穏 春の月 微発泡にごり酒 R1BY

天穏 春の月 微発泡にごり酒 R1BY

にごり  微発泡 

奥出雲 佐香錦 60%

毎年1月頃に搾り始め、2~5月に出荷される季節限定酒。
天穏「馨」佐香錦60%の無濾過生原酒に、生酛の無窮天穏「齋香」の活性もろみを加え、瓶内二次発酵させた手の込んだ微発泡活性にごり酒です。

丹精でシャープな印象の佐香錦の生原酒に、生酛+三日麹の入ったにごりが、複雑さや旨さを与えてくれます。微発泡も相まってキリッと飲めます。米麹の甘い香り、なめらかで清らかな質感の舌触りで、細かい粒子のガスとともに流れます。ほのかな含み香とにごりの穏やかな甘味と青さ、渋みを感じる軽やかな印象。春の山菜を思わせる酒になっています。

「質の良い酒とガスは酵母の生命の営みをダイレクトに感じられるため、本能的に喜びを多く感じられるはずです」と小島杜氏。


美味しい飲み方
よく冷やしてから、振らずに少しずつ開栓してください。
ガスが抜けてからゆっくり瓶を振り、にごりを混ぜてお楽しみください。


余韻を溜め込むことを意識して味わう
「天穏共通ですが、冷たいうちはシャープな印象、温度が常温になってくると味が伸びて複雑になって深い味わいがあらわれてきます。大ぶりの器で、ゆっくりと注ぎ、ゆっくりと口に含み、ゆっくりと飲んで、料理と合わせ、時間を多く使っていただくと天穏の価値観に近づくように思います」(小島杜氏)

4合 (720ml)

¥1,450+tax

*購入数はカートに入れたあとに変更ください

Item details

原料米・精米歩合 奥出雲 佐香錦 60% 
酒母 生原酒:速醸
にごり:生酛
酵母 生原酒:島根k-1
にごり:無添加
度数 18
酒度 +5
酸度 1.4
アミノ酸 0.8
保管 要冷蔵 *開封後はなるべく早くお召し上がりください
開栓について 開栓の際は振らずにゆっくりと開けてから、にごりをまぜてください。
火入れ 生酒
酒造年度 R1BY
醸造責任者 小島達也
醸造元 板倉酒造株式会社

+ 手提紙袋 (黒) ¥110 サンプル

配送について

ヤマト運輸のクール宅急便でお届けします。通常の配送料にプラス300円+税がかかります。
商品代金・配送代金とは別に1回のご注文毎に配送専用箱代200円+税がかかります。ご了承ください。
*海外への発送は承っておりません。We don’t ship “Sake” outside of Japan.

酒類の販売について

未成年者への酒類の販売いたしておりません

飲酒は20歳になってから。
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。
filamentでは年齢確認をさせていただき、未成年者へお酒を販売しないよう取り組んでいます。

ロゴ:山陰吟醸シリーズ

山陰吟醸シリーズ

吟醸酒というと香りの強い酒のイメージが定着していますが、小島杜氏によると「本来の吟醸酒は、お米の良いところ(中心部)を使って、米をより洗練させるという考えで造った酒のことで、清らかな酒です。自然からいただいた米を人の手でより洗練させて酒にし、神や自然に供えて豊穣の感謝や祈りを捧げた”御神酒”の考えが強く反映されています」。天穏にはその清らかな酒を造る技術が残されていて、現在の吟醸酒とは意味合いが異なるため、”山陰吟醸”という呼び方をしています。清らかさと深い余韻を持って、飲む人の身を清め、気を晴らすという山陰吟醸造りの酒。「出雲杜氏として、この伝統技法を用いて、日本酒本来の価値観を取り戻したいという想いで取り組んでいます」。

About 板倉酒造

創業1871年(明治4年)。板倉家9代佐次郎氏が酒造りをはじめる。現当主の板倉啓治氏は酒造り6代目。創業当初は「塩冶正宗」などの酒銘であったが、大正5年より「天穏」の酒銘に。地元塩冶出身の日蓮宗本山要法寺管主・坂本御前によって、仏典の「無窮天穏」という言葉から命名された。

Recommend

免許者の名称 コイル合同会社
酒類販売管理者の氏名 大隅圭介
連絡先の所在地 東京都台東区寿1丁目17-10-703
及び電話番号 03-6231-7101
酒類販売管理研修受講年月日 平成30年11月9日
次回研修の受講期限 令和2年11月8日
研修実施団体名 (一社)全国スーパーマーケット協会